トップ プロフィール 演奏スケジュール ニュース link English お問合せ
南部やすか プロフィール
フルーティスト 南部やすか
帰国して10年を迎える南部やすかは、各地オーケストラとの協演やリサイタル、色々なジャンルのアーティストとの共演など幅広く活動している。

これまでに山形交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、イスラエル管弦楽団のメンバーで構成されるイスラエル・フィルハーモニック・ソリスツ (テルアビブ美術館・イスラエル) 、アマデウス室内オーケストラ(ポーランド)、バロックオーケストラ・アルコ(ドイツ)、世界青少年オーケストラ・アカデミー(ドイツ)などと協演。また、ソロコンサートを精力的に行う傍ら、上海万博での演奏、カーネギーホールにて箏奏者 西陽子と“NiNa Duo”としてコンサート開催、スケート選手高橋大輔・織田信成との共演、ジュンコ・コシノ・コレクションでの演奏や、ラジオのパーソナリティや各メディアへの出演など活動は幅広い。平成21年度神戸市文化奨励賞、平成20年度兵庫県坂井時忠音楽賞、平成19年度大阪文化祭賞奨励賞を受賞。第13回びわ湖国際フルートコンクール第2位入賞。

確かなテクニックに裏付けされた温かみのある演奏で聴衆を魅了する期待のフルーティストである。

現在、芦屋大学客員教授。西本智実&イルミナートフィルハーモニーオーケストラのメンバー。米コロンビア大学雅楽・邦楽プログラム客員研究員及びアーティスト・イン・レジデンス(2011)。神戸音楽家協会、神戸クラシック協会、兵庫県音楽活動推進会議各会員。

東京に生まれ、小学校よりアメリカに移住、9歳よりフルートを始める。ジュリアード・プレ・カレッジを経てシンシナチ音楽大学を2年で首席卒業、同大学院指揮科で修士号を取得。その後ハノーバー国立芸術大学(ドイツ)にてエアドムーテ・ベア女史に師事し、首席でディプロマ取得。

YouTube 演奏動画はこちらから:
南部やすか HP ニュース
トップ プライバシーポリシー